読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいあすにゅーたうん

俺は屁をこくシステムだ

会津若松 東山温泉へ 高橋館のこと

このあと会津若松へ。と書いてから早47日。会津若松に着きました。

 

 

f:id:metroq:20170107154320j:plain

白虎隊の視線の先に鶴ヶ城は無く、ロータリーとバス停があります。

 

 

f:id:metroq:20170108100847j:plain

バスに揺られ東山温泉に着きました。市街地から近いのに静かで寒くて良いです。ここは有名でお高い宿なので見ただけです。お部屋が渋くて良さそうなので愛人などとお越しになられると良いのでは。

 

 

f:id:metroq:20170108100403j:plain

温泉街で目につくのがこちらの潰れそうなお宿、高橋館です。

 

 

f:id:metroq:20170108100434j:plain

昭和初期に建てられたそうですが、2011年の震災と、その後の大雪などの影響でダメージを負ってしまったそうです。

 

 

f:id:metroq:20170108100445j:plain

那須老松温泉 喜楽館はぼろぼろになりながらも営業しているようですが、こちらはもう営業していなさそうです。その上、危ないから早くどうにかしろと、行政から通知が。

 

 

f:id:metroq:20170108100138j:plain

川を挟んだ向かいの旅館に泊まりました。お部屋から高橋館が良く見えて最高でした。もう宿泊はできないと思いますので、楽天トラベルなどのレビューを読むか、向かいにある新滝に宿泊して体験しましょう。

 

travel.rakuten.co.jp

 

築70年の古宿 東山温泉 高橋館【福島県 会津若松市】 珍日本風土記

 

blogs.yahoo.co.jp

 

 

仙人の対価

あれやれ、これやれと会社から言われるのは嫌だなあ。別の会社に行こうかなと思っていた。ただ、特に何かやりたい事があるか?と言われれば無い。新卒の時から無かったし、面接時に上手い事ウソをつく事も出来なかった。今だってそんなに変わらないだろう。明るい未来は見えないが、転職の面接でアワアワする自分の姿だけはハッキリクッキリこれっきり。ミスマッチ。貴殿のご活躍をむにゃむにゃ。そもそも活動してないけど。
やりたくない事をやらせなさそうな会社を探すというのは、とても難しいのではないだろうか。というか無いのではないだろうか。やりたくない事をやらくてすむようになるのは、結構大変だと思う。例えば権力で捻り潰す等。権力というものを手に入れるのは相当な努力が必要だろう。そもそも何をやりたくないのかって?努力です。こういうとこだけマッチングが凄い。
生きていくにはそれなりの対価が必要なのだ。働いておらず、家族に養われている人でさえ、何らかの対価を支払っている。家族に「養わなきゃ」と思わせる何かを与えている。その関係が途切れれば、生きる事は出来なくなる。家族とも、行政とも関係出来ない者は飢えて死んでしまい、最期に蝿などの虫と関係する。
そういった人間関係から解放された人として「仙人」というものが知られている。あれはどのように発生するのか知らないが、人里離れた山奥で、静かに暮らしているそうだ。霞を食って腹を満たすらしい。大自然と関係を結んで生きているのだ。霞を食う対価として何を差し出しているのだろうか?私はおしっこではないかと睨んでいる。私のおしっこ(水分)を差し出しますので、また良い霞(水分)をひとつ食わせてください…へへ…。というような爛れた関係があるのだろう。仙人でもこの体たらく。人間はどこまでいっても虚しいものである。

 

 

私はこの日記を書く事で何を得たのだろうか。特に得たものはなさそうだが、失ったものはありそうな気がする。

 

忘れんぼしかいない街

1カ月も経たぬ内に2個目のお弁当箱を電車に忘れてきた俺。妻、呆れ。幸運な事に今回は見つかった。お弁当箱を受取りに駅の窓口へ来たところ、鞄を忘れた先客がいた。届けを書いていたのだが、急にペンを置き電話をかけ始めた。口ぶりからすると会社の同僚のようだった。そして衝撃の一言「僕の鞄、席に置いてあります?」この人、鞄を忘れて退社したのか?「あ、あります?良かったー!」えええ、あるの!?自分のことを網棚の上にあげて言うけど、この人忘れんぼすぎないか……

 

 

読み返すと嘘松さんみたいな話なので、信じてくれなくて良いです。これは僕だけの思い出。

 

 

追記

家に帰って弁当箱を開けたら、洗ってあった。ありがとうございました。