読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傘のあの部分

傘のあの部分、特に日傘のさ。危ないよなー。あの、なんていうんだ。あの場所。

持つとこあるだろ。あの平仮名の「し」みたいなところな。そこからすーっとあれが伸びてるだろ。
あの、あそこなんて言うんだ?骨?骨といってもあの、人間で言えば背骨的な立ち位置のアイツな。
そしてその先っちょからこう、ぶあーっと。あの広がるように…えーと、この部分はなんていうんだ?
骨が。あの、細い骨がね。屋根を支えるように、いや、傘に屋根は無いってわかってるよ?
あ!あのね!キノコでいう所の傘の部分!あっだめだあー傘の説明するのに傘って使っちゃった!

 

傘 - Wikipedia

 

あ、こんな便利なページあるんだ。すごい。利用料いくらだろう。まあいいか。
私が言いたかったのは「露先」という部分のようだ。
別にこの部品が好きすぎてコレクションしているだとか、炒めて食べているといった話では無い。
この部分が目に入りそうで怖いという話だ。特に日傘。先端がとがっている物が多い気がする。
もちろん雨傘でも、同じような形状の物はあるんだけど、最近はビニール傘のような廉価な傘を使っている人が多いから、そこまでとがっていないんだよね。
プラスチックのキャップみたいな形状になっている。
それにそもそも雨傘を使う時は、自分も傘をさしているから距離が取れているんだよね。
日傘は自分がさしていないからなあ…
人ごみなんかでふと振り返った時、日傘のこの部分がすぐ目の前に!みたいな事があって怖いんだよな。
でね、今朝ふと思ったの。これ発明だよ。本当は内緒だけど教えてあげる。
あのね、そのとがった部分に白玉団子を刺すの。
いいでしょう!美味しいし、黒っぽい日傘とのコントラストっていうの?そういうデザイン的な面からしても妙案だと思うんだよね。
しかも、美味しいし。繰り返す。美味しいし。
小腹がすいたらパクッとね。いけるから。え?取っちゃったら結局危ない?大丈夫。俺メガネかけてるから。