読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真のコーナー

写真を成仏させるコーナーです。

 

 

 

f:id:metroq:20170423232907j:image

磯臭そうな顔ハメ

 

 

f:id:metroq:20170423233005j:image

(経験不可)

 

 

f:id:metroq:20170423233038j:image

鉄塔が売りのラブホテル

 

 

f:id:metroq:20170423233126j:image

イラスト大喜利のお題

 

 

f:id:metroq:20170423233341j:image

概念と化したフレンズなんだね

 

 

f:id:metroq:20170423233418j:image

リアルではなくアラレちゃん系

 

 

f:id:metroq:20170423233526j:image

佐野か吉川のファン

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

雑感定食

なんだか無駄に仕事が忙しい気がする。いや、他の人達と比べれば全く忙しくはない。はず。仕事のモチベーション(誤用)を失っている。やる気無い。モチベーションという言葉を初めて聞いたのはもう10年以上前の事だ。同じサークルの友人が言っていた記憶がある。聞いたその場では「やる気」とかそういう意味かなあ…と思っていたが、後で調べると「動機付け」といった意味であった。なんかニュアンスが違うような気がする。自分は調べたから良いようなものの、調べなかった人は「どう気付け」ば良いのか。なーんて、駄洒落です。皆さんの嫌いな駄洒落は思いつくが、人生の目標のようなものはとんと思いつかず。このままでは生ける屍。行ける、赤羽は近場ね。よく来たわね。

最近は出かけても特にあれなので、出かけた先で私は何故出かけて来たのでしょう。という状態に陥る。そういう時はTSUMA氏が行き詰まりを察してくれてバスでも乗らないかと言ってくれる。地元では無理だが、大都会トーキョーでは200円ちょい支払えば、1時間近く景色を眺めながら暇が潰せるので良い。T氏はポケモンをやれるので良い。ただし何故か私は窓際の席に座れないものとする。悲しみ。

バスで1番好きな席は、1番前の少し高くなっている席である。前輪のタイヤハウスの上に取り付けられた眺めの良い席。雨の日などあの席に座るとワイパーがいちいち雨を拭ってくれて痛快である。大画面テレビをわざわざ一度汚して綺麗にしてくれるような、謎のお得感というかなんというか。ただ、大体この席は1人用なので、後ろの方の2人席に座る事になる。ただし何故か私は窓際の席に座れないものとする(2回目)。バスは後ろにもタイヤがある。その上の席が、2番目に好きである。足元がこんもりと盛り上がっている2人席。(バスにもよるが)少し大袈裟に言うと体育座りのような体勢で座らされる場合もある。これが何とも落ち着くのだ。

前述した通り、私は何故か通路側の席に座る事が多いのだが、それはT氏が先にバスに乗り込んで、席に座るからである。2回も書いたが、それは特に問題ではない。真の問題は、T氏が後ろのタイヤハウスの上の席を避けている事だ。先日バスに乗った時も、一度座ろうとして、ひとつ後ろの席に移ったのを確認した。思い切って、T氏に「タイヤで盛り上がってるとこの席、嫌いなの?」と聞いてみたところ、狭いから嫌いとの事だった。そうですか。

次は水栓レバーの話。実家はレバーを下に下げると水が出る。上げると止まるタイプだ。これに慣れてしまったため、上げると水が出るタイプの物に出くわすと必ず失敗してしまう。ああ、これはうちのと逆なんだなとレバーを少し上げて水を出す。使い終わったら止めようとして更に上に上げてしまう。バカ。蛇口全開、飛び出した水は、シンクの底で跳ねて俺の袖口を濡らすんだ。大学生じゃねえんだからそういうの止めろよ、水道、コラ。この前なんか、手に持っていた弁当箱に当たって跳ねてズボンビジャビジャ。最近の水栓は下げて止めるものが多いらしい。阪神大震災をきっかけに増えた(上から物が落ちて水栓に当たっても水が出ない)とかまことしやかに囁かれているが、ドッキリ大好き野郎が仕掛けたに決まってんだよ。ちくそー。お前見てるだろ。

あと、トラックの話なんだけど。ほとんどのトラックは横から見ると、荷物室の屋根がキャビンの屋根より高くなっていると思う。たまにキャビンの屋根と荷物室の屋根がツライチになっているトラック参考画像を見かけないだろうか。これがとても可愛らしい。もっと荷物室を大きくすれば、もっと荷物が積めますよ。という気持ちになる。荷物を沢山運んで、沢山お金を儲けてそれからどうするんだい?そのお金で可愛らしいトラックを買いましょう。

そういう感じです。今気付いたんだけど、今着けてるネクタイ、腐ってる。

 

今日は、猫が。

f:id:metroq:20170319020544j:image

居ました

 

 

f:id:metroq:20170319020609j:image

ここにも

 

 

f:id:metroq:20170319020629j:image

ここはたくさん居ました

 

 

f:id:metroq:20170319020655j:image

ここは色合いがすごかったです

 

 

 

なんか、写真

眠れないので写真の供養を執り行う。見た事あったらごめん。前回は結構前だな。

 

 

f:id:metroq:20170314004124j:image

ポGOの注意喚起看板集めようとしたが集めていない。

 

 

f:id:metroq:20170314004305j:image

ポGOはOK

 

 

f:id:metroq:20170314004446j:image

吹き出しに収めた意味とは

 

 

 f:id:metroq:20170314004927j:image

ちくわ

 

 

f:id:metroq:20170314004954j:image

ウンコ大発生、立ち入り禁止

 

 

 f:id:metroq:20170314005330j:image

ヤバい組織では……

 

 

f:id:metroq:20170314005109j:image

中華料理店

 

 

f:id:metroq:20170314005435j:image

ベルギーのジョークでは

 

 

f:id:metroq:20170314005525j:image

定食屋からグランブルーの傘を借りた

 

 

f:id:metroq:20170314005634j:image

「当店の」を足すとリズムがよくなる

 

 

 

 

 

おやすみなさい。ピノ店長

#204 福島のアンテナ NTT東日本郡山支店

郡山駅すぐそばのNTTです。

 

 

f:id:metroq:20170107132539j:plain

2本の鉄塔

 

 

f:id:metroq:20170107132448j:plain

東仙札を感じる。昔はいっぱいアンテナが載っていたのでしょう。

 

 

f:id:metroq:20170107131237j:plain

少し離れたところから。マイクロ回線探偵団さんのページに97年当時の姿が。やっぱり沢山アンテナが載っています。

 

 

 

 

 

過去鉄塔はこちらから

 

 

会津若松 東山温泉へ 高橋館のこと

このあと会津若松へ。と書いてから早47日。会津若松に着きました。

 

 

f:id:metroq:20170107154320j:plain

白虎隊の視線の先に鶴ヶ城は無く、ロータリーとバス停があります。

 

 

f:id:metroq:20170108100847j:plain

バスに揺られ東山温泉に着きました。市街地から近いのに静かで寒くて良いです。ここは有名でお高い宿なので見ただけです。お部屋が渋くて良さそうなので愛人などとお越しになられると良いのでは。

 

 

f:id:metroq:20170108100403j:plain

温泉街で目につくのがこちらの潰れそうなお宿、高橋館です。

 

 

f:id:metroq:20170108100434j:plain

昭和初期に建てられたそうですが、2011年の震災と、その後の大雪などの影響でダメージを負ってしまったそうです。

 

 

f:id:metroq:20170108100445j:plain

那須老松温泉 喜楽館はぼろぼろになりながらも営業しているようですが、こちらはもう営業していなさそうです。その上、危ないから早くどうにかしろと、行政から通知が。

 

 

f:id:metroq:20170108100138j:plain

川を挟んだ向かいの旅館に泊まりました。お部屋から高橋館が良く見えて最高でした。もう宿泊はできないと思いますので、楽天トラベルなどのレビューを読むか、向かいにある新滝に宿泊して体験しましょう。

 

travel.rakuten.co.jp

 

築70年の古宿 東山温泉 高橋館【福島県 会津若松市】 珍日本風土記

 

blogs.yahoo.co.jp

 

 

仙人の対価

あれやれ、これやれと会社から言われるのは嫌だなあ。別の会社に行こうかなと思っていた。ただ、特に何かやりたい事があるか?と言われれば無い。新卒の時から無かったし、面接時に上手い事ウソをつく事も出来なかった。今だってそんなに変わらないだろう。明るい未来は見えないが、転職の面接でアワアワする自分の姿だけはハッキリクッキリこれっきり。ミスマッチ。貴殿のご活躍をむにゃむにゃ。そもそも活動してないけど。
やりたくない事をやらせなさそうな会社を探すというのは、とても難しいのではないだろうか。というか無いのではないだろうか。やりたくない事をやらくてすむようになるのは、結構大変だと思う。例えば権力で捻り潰す等。権力というものを手に入れるのは相当な努力が必要だろう。そもそも何をやりたくないのかって?努力です。こういうとこだけマッチングが凄い。
生きていくにはそれなりの対価が必要なのだ。働いておらず、家族に養われている人でさえ、何らかの対価を支払っている。家族に「養わなきゃ」と思わせる何かを与えている。その関係が途切れれば、生きる事は出来なくなる。家族とも、行政とも関係出来ない者は飢えて死んでしまい、最期に蝿などの虫と関係する。
そういった人間関係から解放された人として「仙人」というものが知られている。あれはどのように発生するのか知らないが、人里離れた山奥で、静かに暮らしているそうだ。霞を食って腹を満たすらしい。大自然と関係を結んで生きているのだ。霞を食う対価として何を差し出しているのだろうか?私はおしっこではないかと睨んでいる。私のおしっこ(水分)を差し出しますので、また良い霞(水分)をひとつ食わせてください…へへ…。というような爛れた関係があるのだろう。仙人でもこの体たらく。人間はどこまでいっても虚しいものである。

 

 

私はこの日記を書く事で何を得たのだろうか。特に得たものはなさそうだが、失ったものはありそうな気がする。