読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずはメンバーのご挨拶から

日記 愚痴

転職先が決まりました。所謂祈祷師の類で、雨が少なくて困っている地域へ出向いて祈る仕事です。一雨につきひゃくまんえんくらい貰えるのではないでしょうか。今日の雨の降りっぷりを見ましたか?ザンザン降っているでしょう。この前の迷走台風の時より降っているでしょう。何故かって今日アタシは長靴を履いてこなかったのです。長靴を履かずに家を出ると雨がザンザン降るのです。え、そんなのたまたまだろうって?わかりました。それではまず私に長靴を届けてください。自宅の玄関にありますから。アタシの手元に届いた時、雨はピタリと止むでしょう。ねえ、届けてよ。ねえ!おまいさん持ってきてよ長靴を!!!ここで一句「水虫の 羽に滴る 涙雨」コーラックです。うるせえ!馬鹿!

ガチで余裕過ぎるヤバみある

日記

朝、家を出て少ししたところで定期券を忘れてきた事に気付いた。戻ってみると、いつも乗る電車に間に合うかなーというような時間だった。じゃあ自転車で行くか!と自転車の鍵を持った。しかし駐輪場に自転車が無い。鍵かけたのに盗まれてしまった…!とパニックになった。しかしよくよく思い出してみれば何のことは無い。昨日出かけた際、駅まで自転車を使い、帰りに乗ってくるのを忘れてしまったのだ。馬鹿!俺は馬鹿なやつだ。昨晩寝る前にトイレに行きたくなったが、大人だから朝まで我慢できるはず。だって俺は3x歳だもの。そんじょそこらのオネショかましている5歳児の6倍以上生きているからな。余裕余裕と余裕かまして寝て、結局尿意で4時に目が覚めてしまった事も併せて馬鹿だと思った。よく思い出すと定期券忘れたのも馬鹿。だって財布に入れてた定期券を定期券入れに戻そうと思って出してそのままテーブルの上に置き忘れて来たんだもの。昨日飯を食った友達に、最近何か面白い事ないの、何を生きがいに生きてるの?と聞かれて、あ、特に無いかも。と今更気づいたのも馬鹿かと思った。くそー、人生がむなしい。なんなんだ畜生。あっでも電車間に合ったからセーフ。何事も余裕が大切である。

 

夏、など

日記 絵日記

母方の祖母が亡くなって、ひと月経った。四十九日の法要が近づいている。
極々簡単にプロフィールをご紹介いたしますと、祖母は東京生まれ東京育ち、姉妹揃って気が強かったそうだ。田舎へ疎開してきて祖父と結婚した。

両親が共働きだったため、幼い頃はこの祖父(小言担当)と祖母(小言担当)が面倒を見てくれた。
母の味と言われると特に思いつかないのだが、祖母の味と言われれば煮物やらオムライスやら色々出てくる。
特にきんぴらと煮物は習っておけば良かったなあと思っている。
祖母は骨折とインフルエンザが引き金で、10年近く寝たきりだった。ここ数年は痩せて縮んでしまって、話もできない状態だった。
ちなみに祖父はその2年後、盛大に転んで老人ホームに入っている。

臨終に駆けつけてみると、本当に臨終だった。ああ、もう数日中には死んでしまうのだなと思った。
父は持ち直すかもなどと言っていたが、こりゃ無理だろうと思った。数年前になくなった母方の祖父の臨終と同じ様子だったからだ。
なので一旦荷物を取りに東京へ戻った。家に着く直前で父から電話があり亡くなったと伝えられた。
この時あまり、悲しいという感情はこの時湧かず、どちらかというと冷静だった。10年前倒れてヨレヨレになってしまった頃の方がショックが大きかった。

葬儀の段取りが決まり、業者から遺影を選んでおいてくださいねと伝えられた。
遺影にできるような写真なんてあったか、と昔のアルバムをひっくり返して大捜索が始まった。
家族全員集まって、枕元であれでもないこれでもない。あはは叔父さん痩せてるねなんて騒いでいるのでうるさかっただろう。
でも婆ちゃんに怒られる事はなかった。セーフ。

厳正な抽選の結果2枚が残った。私は、私のお宮参りの時の写真を推した。
父と叔父はもう一枚の写真の方がいいかもと言っていたが、私は私を抱いて写っている(私は当時の記憶がないけれど)写真の方が良くて、本音を隠しつつ推薦した。
息子二人を差し置いて少し我儘かもと思ったけれど。まあ修正で私は消されるだろうし。
祖母一年生の写真だ。ずいぶん若い頃の写真な上、緊張のせいか顔が若干厳しいのだが、正面を向いて顔がはっきり写っていたので結局これが遺影になった。

遺影の祖母に見つめられながら(睨まれながら?)葬儀が始まった。
写真の祖母と目を合わせていると、昔祖母が元気だったころの事が思い出されて泣けてきた。
計算ドリルやらされたなあとか、ポップコーンつくると毎回焦がしてたなあとか、アリナミンの錠剤飲んでたなあとか、つまらない事ばかり。
ポクポクポクポクと木魚が叩かれ、寿司を食っていたら骨になっていた。

几帳面な祖父と祖母だが、墓石はまだ買っていないとの事だった。父が慌てていた。
慌てているせいで、うっかりロケットを買ったりしないだろうか。
定員いっぱいに乗組員(骨壺)が収まって、坊さんがむにゃむにゃ唱えると宇宙へ向けて出発。適当な惑星に突き刺さって、悠久の時を過ごすのだ。
まあ、そんな事は有り得ないので、ちゃんと終活はしておこうと思った夏だった。
という事で、今度の正月は年賀状だしません。宜しくお願いいたします。


*****
マツコ・デラックスがテレビに出始めた頃、私はこの人の名をデラックス・マツコだと誤認していた。
これは「カンニング竹山」「イジリー岡田」「チョコボール向井」らと同じように、所属団体や形容する単語が前で、名前が後ろに来るものと勝手に思い込んでいたからだ。
このような思い込みをしている人は少なからずいる。間違いない。先日旅行に行ったときにその証拠を掴んだ。

f:id:metroq:20160831150048j:image

 

*****
人は9月頃に酒が飲みたくなるのだろうか。
最初は学生時代の友人から誘いがあり(あれ?つい先週飲んだばかりなのにまた飲みの約束?おかしいなー?怖いなー?と思いつつ)了承した。
すると今度は会社でやれ暑気払いだ、昔居た人と飲もうやら、歓送迎会だと立て続けに予定が舞い込んだ。地獄である。
その地獄の先に待っているのが、親知らずの抜歯かと思うとますます地獄である。
嫌だなー、怖いなー。ビキニギャルが楽しく抜いてくれないかなー。抜歯 オン・ザ・ビーチみたいな病院ないかなー、無い。

 

香川で食べたうどんまとめ

食物 旅行記 絵日記

たも屋 女道場
https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37005585/

f:id:metroq:20160810132602j:image

冷かけ小、れんこん天

女道場とは。


さか枝
https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000026/

f:id:metroq:20160810132634j:image

ぶっかけ中、ちくわ天

店の雰囲気が最高だった。


味匠
https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000528/

f:id:metroq:20160810132655j:image

かけ小、イカゲソ天

天ぷらしょっぱくてうまい。おじさんがタバコ吸いながらうどん踏んでて笑った。


なかぶ庵
https://s.tabelog.com/kagawa/A3705/A370501/37004649/

f:id:metroq:20160810132814j:image

生そうめん

もちもち。そうめん意外のメニューが無いようだ。


岡じま
https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37008192/

f:id:metroq:20160810132838j:image

冷醤油うどん小、カニカマ天

カニカマ天うまいな。

 

 

総合すると、生そうめんが一番美味しかった。あと、おでんは一年中売っているようだ。セブンイレブンを先取っているのだなと思った。要潤もいっぱい見た。

 

8/12の切符

日記 廃墟

JRの新幹線・特急の指定席は1か月前から買えるという噂は知っていた。8/12分の切符を買うため、私はみどりの窓口へ並んだ。すでに10人以上並んでおり、列の進みは遅い。
列の横に看板が立っていた。看板には「事前予約を終了しました」との文字が。
「繁忙期(お盆)の事前予約は7/16(8/16分)をもって終了しました」
さらに「この●●駅では通常期の事前予約は一切おこなっていません」と書いてある。
予約ができないという事は、私が今から買おうとしている8/12分の切符を買えないという事なのだろうかとパニックになる。窓口には最低限の人数しかおらず、切符の手配にかかりきりである。看板の意味を尋ねられるような人がいない。
先程まで、ノロノロと中々進まなかった列もスピードアップして、どんどん私の順番が近づいてきている。前の前の前の前に並んでいたお婆さんと、お婆さんの顔写真をスマホで撮影し、デコっている小学生男子の番になった。
私はまだ「事前予約」の意味がわからずにいた。事前予約とは私が今からおこなおうとしている行為に当たるのか当らないのか。これだけでかでかと看板に書かれているのだから、お前ら忙しいのに予約なんかするなよ切符は渡さないぞという意思なのだろうか。事前に切符を購入する乗車者は腹を切って死ぬべきだ的な文言が頭をよぎる。小学生はお婆さんの横で退屈そうにスマホをいじっている。キラキラした背景で盛られる婆が否応なしに目に飛び込んでくる。ねえ、その写真盛ってどうするの。
結局私は列を離れた。腕時計に目をやり、時間がないんだよねという体を装って。そして近くにあった券売機に歩み寄った。この券売機で買えないのなら諦めようという思いで。
8/12の切符はすんなりと買えた。

 

結局「事前予約」とはこういうことだった。
・JRの特急や新幹線の指定席は乗車日の1か月前から購入できる
・お盆などの繁忙期は特別に1か月以上前から切符を予約できる

雑記 0724

日記 食物

秋葉原にあるブラジルな感じのステーキ屋さんで、テーブルに置かれていたソースの名前がわかった。今日の男子ごはんでやっていた。モーリョ・ヴィナグレッチと言うらしい。絶対覚えられないのでメモしておく。

 

安い牛肉のステーキにどばどばかけて食べた。美味しかった。

 

f:id:metroq:20160724234105j:image

 

玉ねぎ、トマト1/2個

ピーマン1個

酢50cc

オリーブオイル25cc

塩少々

 

本当はワインビネガーが良いらしい。

 

音頭地獄

窓を開けたら東京音頭が聞こえてきた。どうやら近くの小学校で盆踊りをやっているらしい。地元には割と大きな秋祭りがあったためか、盆に踊りを踊るという文化がなかった。そのため、テレビ番組などで見るベタな盆踊りには少々憧れがあった。川崎の盆踊りを見た時は、わあこれが盆踊り。楽しそう!と思った。東京音頭に炭坑節。大人数で櫓の周りを取り囲んで踊り狂う。老いも若きもみんな揃って踊り狂っており、盆を感じた。上野公園で樹を取り囲んで盆踊りの練習をしている婆様達を見かけた時も、盆を感じ涅槃が見えた。でもまだ生きている。そんな想いを抱きつつ、また何か屋台でも出ていないだろうかと期待を抱きつつ会場へと向かった。提灯で飾られた学校の校門が見えてきた。校庭を覗いてみるとそこに櫓はなかった。太鼓を叩く大人達の周りで数人の浴衣を着た大人達が踊っており、さらにその周囲では子供たちが光る棒を持って校庭を駆け回っていた。ぎゃああーぐわああーと叫びながら。あれ、阿鼻叫喚地獄かな。ていうか踊れよ。屋台はなかった。

 

*****

玄関を開けたらブロック塀にヤスデが30匹位集合している地獄。

 

*****

街を歩いているとポケモンGOやっている人結構見かけた。ポケモンをやった事ない上司もポケモンGOをやっていた。一方俺はポケモンをやった事がないので、GOをやってみようという気が起きないのだ。この差とは。川のぬし釣りGOならやるのだろうか。街中にイノシシが出てきたら嫌なので多分やらないと思う。

 

*****

この日記はWin10に更新したPCから書かれた。