読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香川で食べたうどんまとめ

食物 旅行記 絵日記

たも屋 女道場
https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37005585/

f:id:metroq:20160810132602j:image

冷かけ小、れんこん天

女道場とは。


さか枝
https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000026/

f:id:metroq:20160810132634j:image

ぶっかけ中、ちくわ天

店の雰囲気が最高だった。


味匠
https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000528/

f:id:metroq:20160810132655j:image

かけ小、イカゲソ天

天ぷらしょっぱくてうまい。おじさんがタバコ吸いながらうどん踏んでて笑った。


なかぶ庵
https://s.tabelog.com/kagawa/A3705/A370501/37004649/

f:id:metroq:20160810132814j:image

生そうめん

もちもち。そうめん意外のメニューが無いようだ。


岡じま
https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37008192/

f:id:metroq:20160810132838j:image

冷醤油うどん小、カニカマ天

カニカマ天うまいな。

 

 

総合すると、生そうめんが一番美味しかった。あと、おでんは一年中売っているようだ。セブンイレブンを先取っているのだなと思った。要潤もいっぱい見た。

 

8/12の切符

日記 廃墟

JRの新幹線・特急の指定席は1か月前から買えるという噂は知っていた。8/12分の切符を買うため、私はみどりの窓口へ並んだ。すでに10人以上並んでおり、列の進みは遅い。
列の横に看板が立っていた。看板には「事前予約を終了しました」との文字が。
「繁忙期(お盆)の事前予約は7/16(8/16分)をもって終了しました」
さらに「この●●駅では通常期の事前予約は一切おこなっていません」と書いてある。
予約ができないという事は、私が今から買おうとしている8/12分の切符を買えないという事なのだろうかとパニックになる。窓口には最低限の人数しかおらず、切符の手配にかかりきりである。看板の意味を尋ねられるような人がいない。
先程まで、ノロノロと中々進まなかった列もスピードアップして、どんどん私の順番が近づいてきている。前の前の前の前に並んでいたお婆さんと、お婆さんの顔写真をスマホで撮影し、デコっている小学生男子の番になった。
私はまだ「事前予約」の意味がわからずにいた。事前予約とは私が今からおこなおうとしている行為に当たるのか当らないのか。これだけでかでかと看板に書かれているのだから、お前ら忙しいのに予約なんかするなよ切符は渡さないぞという意思なのだろうか。事前に切符を購入する乗車者は腹を切って死ぬべきだ的な文言が頭をよぎる。小学生はお婆さんの横で退屈そうにスマホをいじっている。キラキラした背景で盛られる婆が否応なしに目に飛び込んでくる。ねえ、その写真盛ってどうするの。
結局私は列を離れた。腕時計に目をやり、時間がないんだよねという体を装って。そして近くにあった券売機に歩み寄った。この券売機で買えないのなら諦めようという思いで。
8/12の切符はすんなりと買えた。

 

結局「事前予約」とはこういうことだった。
・JRの特急や新幹線の指定席は乗車日の1か月前から購入できる
・お盆などの繁忙期は特別に1か月以上前から切符を予約できる

雑記 0724

日記 食物

秋葉原にあるブラジルな感じのステーキ屋さんで、テーブルに置かれていたソースの名前がわかった。今日の男子ごはんでやっていた。モーリョ・ヴィナグレッチと言うらしい。絶対覚えられないのでメモしておく。

 

安い牛肉のステーキにどばどばかけて食べた。美味しかった。

 

f:id:metroq:20160724234105j:image

 

玉ねぎ、トマト1/2個

ピーマン1個

酢50cc

オリーブオイル25cc

塩少々

 

本当はワインビネガーが良いらしい。

 

音頭地獄

窓を開けたら東京音頭が聞こえてきた。どうやら近くの小学校で盆踊りをやっているらしい。地元には割と大きな秋祭りがあったためか、盆に踊りを踊るという文化がなかった。そのため、テレビ番組などで見るベタな盆踊りには少々憧れがあった。川崎の盆踊りを見た時は、わあこれが盆踊り。楽しそう!と思った。東京音頭に炭坑節。大人数で櫓の周りを取り囲んで踊り狂う。老いも若きもみんな揃って踊り狂っており、盆を感じた。上野公園で樹を取り囲んで盆踊りの練習をしている婆様達を見かけた時も、盆を感じ涅槃が見えた。でもまだ生きている。そんな想いを抱きつつ、また何か屋台でも出ていないだろうかと期待を抱きつつ会場へと向かった。提灯で飾られた学校の校門が見えてきた。校庭を覗いてみるとそこに櫓はなかった。太鼓を叩く大人達の周りで数人の浴衣を着た大人達が踊っており、さらにその周囲では子供たちが光る棒を持って校庭を駆け回っていた。ぎゃああーぐわああーと叫びながら。あれ、阿鼻叫喚地獄かな。ていうか踊れよ。屋台はなかった。

 

*****

玄関を開けたらブロック塀にヤスデが30匹位集合している地獄。

 

*****

街を歩いているとポケモンGOやっている人結構見かけた。ポケモンをやった事ない上司もポケモンGOをやっていた。一方俺はポケモンをやった事がないので、GOをやってみようという気が起きないのだ。この差とは。川のぬし釣りGOならやるのだろうか。街中にイノシシが出てきたら嫌なので多分やらないと思う。

 

*****

この日記はWin10に更新したPCから書かれた。

雑記 0722

日記

やはり夏は目覚めやすい。それは、快適に目覚めやすいという事では無く、いつまでも寝てると暑くて不快で目覚めやすいという意味であるが、冬のあの寒くて布団から出たくなくていつまでも寝ていたいという、あの心苦しさを味わうより幾分マシである。暑いと気持ちの代謝も早い気がする。冬の夜の様に、落ち込んでいる時間が長い事もない。もあもあと暑い陽射しと空気にさらされると水分がじりじりと抜けていくようだ。冬の方が湿度が低いらしいが、なんとなく別物。時折雨がざあっと降れば、すっきりと洗い流されたような気分になる。


*****
アジフライって美味しいとは思うけど、わあアジフライ!アジフライ定食たーべよ!という領域には達しない。思いっきりかぶりついてはいけない食べ物という認識がどうしても拭えない。小骨とか。そうなるとやはりはんぺんフライに分がある。ただ、はんぺんに小骨が残っていた時の事を想像すると、すごく怖い。


*****
この前入った飲食店で、隣のテーブルにいた若者達が、美少女の小便で流しそうめんみたいな事を延々と語っていて、その隣でビール飲んでて不思議な気持ちになった。おじさんの五目いなりは、ひじきが少し飛び出しちゃって困ってるんだよ~などと、若者に迎合できるのが本当の大人であると思うのだが俺には無理だ。それにしてもその店のフライドポテトて美味かったなー。


*****
飲みに行った後、スタジオに入って、その後また飲みに行くという事をした。ドラム叩くの2年振りくらいだろうか。酔っ払っているのでギターの奴がすぐ世界の終わり(TMGE)を弾きはじめる。酔っ払っているのでテンポが速い。その上ちゃんと練習した事のない曲なので構成が不明。2年振りに叩くには不適当な曲だと思った。というか酔っている時に何か曲を演奏しようというのは良くない。適当なフレーズをだらだら合わせている方が精神衛生上良いような気がするのは私だけか。



買ったものなど

無駄遣い

結局ヘッドホンはAKGのY55を買った。

折りたたんで薄い鞄にもしまえる利点はやはりやめられない。ベイヤーのやつはやはり大きかった。

それにしてもこのヘッドホンは締め付けがすごい。まるで◯◯のようだ。グヘヘ…(伏せました)耳たぶが千切れそう。これは俺の◯◯が大きすぎるせいなのだが。グヘヘ…(伏せましたが正解は顔です)

あと、ケーブル簡単に手に入るかと思ってたけどそんなに出回ってない。とりあえず市販品では60cmと120cmの物が入手できるようだ。

 

 

*****

ドルツのジェットウォッシャーを買った。

横に倒れて生えている親不知と、その手前の歯との間にちょっとした隙間があり、歯垢などが溜まってしまうのだ。タフトブラシや細い毛の歯ブラシなど試してみたが届かなかった。

親不知を抜くまでに、その手前の歯を虫歯にしてはいけない。そういった使命感により買ってきたのだが、見つかって怒られた。俺はあんたと違って虫歯治療が怖いんだい!

昔、実家にタンクからホースが伸びているタイプのジェットウォッシャーがあったが、これは一体式。かまぼこくらいの本体に水を入れ、かまぼこに挿したノズルから水が出てくる。本体がでっかいのでちょっと扱いづらいけど、電池式で一体式なので旅行などへ持っていけそう。持って行かなさそうだけど。

 

 

 

 

 

何故おぎやはぎの小木氏が夢にでてきたのか

夢日記

「こちらが大浴場になります。脱衣所は奥の扉です」

「ここかな?」

(扉を開けると、毛が溜まっているシャワールーム)

「最悪だ。こんなところを突っ切らなくてはいけないのだろうか」

「小木さん、脱衣所ってあのシャワールームの奥ですか」

「そうだよ、毛が溜まってて最悪だよな」

「そうですね…」

ここで目が覚める。