ばいあすにゅーたうん

僕はいま、昼下がりの公園を散歩している!お日様って暖かいなあ……

ゲンセンカツ

皆さんにとって虚無の食べ物って何ですか?何で自分はこれ食ってんだろ…わからない(もぐもぐ)みたいな食べ物の事です。決してマズイ食べ物の事ではなくて。何食ってるんだかわからないみたいな。私にとってはBIGカツがそれにあたります。無に衣をつけて無を揚げている感じがしませんか。決して中身がないわけではなく、魚のシートを揚げているのです。しかし魚のシートはあまり存在感がある訳ではない。カツという名前に惑わされ、トンカツを連想してしまい、そのギャップ故に無を感じるのでしょうか。特にBIGカツを小さくカットした商品。あれはいけません。コンビニで見かけるとついビールのアテに買ってしまいますが、あれはより虚無です。BIGというアイデンティティすら奪われています。美味しい。しかし中身は何でしょうか。虚無です。衣を纏った虚無を食べている気がします。少しすると、それすら感じなくなりやがて虚無が訪れます。気付けば袋は空に。虚無のはずですが、しっかりとカロリーがあるのがまた虚無を呼びます。カロリーが無かったら……私たちはまるで……幽霊ではありませんか。といった日記です。