ばいあすにゅーたうん

俺は屁をこくシステムだ

記憶がほしい

“■いらないenchantMOON” 泣ける - metroq のコメント / はてなブックマーク


泣けるとか言っている場合ではない。

誕生日のプレゼントに何か欲しい物ないか?と尋ねられているのだが欲しい物が浮かばない。ヘッドホンはこの前自分で買ってしまったし、スマホも買い換えたばかりだ。上記の元記事に上がっていたリストを見ても、特にこれといって欲しい物は無かった。

うんうん考えて思い浮かんだのが、レコードプレーヤーとKindle(または安価なAndoroidタブレット)だった。だが、レコードプレーヤーを買ってもらったところで果たしてレコードを買うだろうか。CDでさえ1年に数枚買うか買わないかといった程度なのに。では、Kindleタブレットを買ってもらったところで果たして電子書籍を買うだろうか。漫画や小説を買う機会は激減した。1/70位に落ち込んでいるのに。財布、鞄、服、靴も今の所不要。テレビ、カメラ、掃除機などの電化製品も不要。これは思うに「物」を欲している状態なのではないのかもしれない。

例えば知らない街を訪ねたり、美味しいと言われているものを食べたり…体験や記憶。
そう、俺は記憶を欲しているのかもしれない。あの時感じた匂い、温かさ、冷たさ…(注:決してお腹痛くてやむを得ず土手で野糞した時に尻を撫でた秋風の冷たさの記憶ではない)形には残らないが心のどこかに残る記憶。大量生産・大量消費の時代は終わりを告げた。これからは記憶の時代だ。

早速、記憶の価格を調べてみたが、なんでも記憶は ~ priceless ~ との事。という訳で、3TBのHDDをおねだりしようと思う。大量生産されたアニメを大量消費しなくてはいけないから。