読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車で立つ人、座る人

あなたが電車で席に座ってる時、あなたの前に人は立っていますか?
車内が混んでいるなら仕方ないと思います。
あなたの前に人の一人や二人、立っている事だってあるでしょう。

いや、それは本当に人ですか?
えっ、人ですよね。人でないと私が困るのです。

(本題に戻る)

車内が混雑していないものの、席は空いておらず立っている人がいる。
このような状況の時、あなたの前に人は立っていますか?
どうですか?あまり気にした事がない?
ということは、あなたの前に人は立っていないのでしょう。

本当に人か怪しくなってきた?
いや、人です。限りなく人です。
そういう意味で申し上げたのではございません。

(本題に戻る)

あなたの前に人が立っている事が多いですか?という事を聞きたかったのです。
だってある程度空いてるなら何処に立ってもいいじゃないですか。ドアの前でも。なんなら隣に座っているおじさんの前に立っていても良いではないですか?ということを言いたかったのです。

隣に座っているのは本当におじさんなのか?
知りません。おじさんではないですか。無駄にお股が開いてないですか?開いていたらおじさんです。

(本題に戻る)

すぐ話が横道に逸れますね。
私は、座っている私の前に立っている人がいる。という状況に遭いやすいという事を言いたかったのです。

線路から横道に逸れたら大変だ?
知りませんよ。まあ脱線ですもんね。大変だと思います。

(本題に戻る)

なんならその立ってる人の背後で、席が空いてる事だってあるんですよ。
空いたぞ!座れよ!何で俺の前に頑なに立ってんだよ(笑)って言いたくなることもあります。知らない人ですもの。

硬くナニ立った?
バカじゃないですか?

(本題に戻る)

まあ、ずーっと前に立たれて、邪魔といえば邪魔なんですが。何というか、私の前に立っても嫌じゃないんだなんて思って、少し、ほんの少しですが良かったとも思うんですよ。人を惹きつける?なんて言ったら大袈裟ですけど(笑)何かそういうオーラでも出てるんですかね。

今日の電車はガラガラですね。誰も乗ってない。
席空いてますし腰掛けたらどうですか?
まだ次の駅まで時間もありますし。
というか貴方、一体誰なんです?